人気キーワード

「くまの子ウーフ」のいる暮らし ~絵本を思い出すところ~ 

            

「くまの子ウーフ」の物語は1969年の刊行以来、小学校の教科書をはじめ様々な形で読み継がれ、親から子へ、子から孫へと、時代を超えて愛されています。
遊ぶこと、食べること、考えることが大すきなくまの子ウーフ。
本の世界を飛び出して、ウーフと一緒に考えたり、喜んだりしてみてはいかがでしょうか?

物語をめぐる小さな旅へ、さぁ出発~!    

   

shutaifu 1



「くまの子ウーフ」がやってきた。

おひさまが元気にかおを出したある日…



shutaifu 2



ウーフは元気いっぱいに外へと飛び出していきました。

たどり着いたのは、かわいらしい公園。
木や花や、テーブルなんかがあって、ウーフも楽しそう!



shutaifu 3


木の下で寝転んだり。



shutaifu 4



木いちごを摘んだり。



shutaifu 6


  
  

キャッチボールをしたり。

  
  

shutaifu 7



おやつに持ってきた、ドーナツを食べたり。



shutaifu 8



あんなにたくさんあったのに、

ほとんどひとりでペロリと食べちゃって。



ウーフってば、食いしん坊です!



shutaifu 9



ふくろうおばさんが山もりのドーナツを用意してくれたときにもウーフは、

ミミちゃんとツネタたちと楽しそうに食べてたしね。

      
      

shutaifu 10


ウーフはいつも、つりズボンのポケットに

たくさんの思い出を詰め込んでいるんだね。



わたしがふと、そんなことを口にしたら

またまた、ウーフがおもしろいお話をきかせてくれました。



「ぼくのおかあさんも、小さいときは

ポケットに入るくらいのあかちゃんだったんだって!」



元気いっぱい走り回るくまの子ウーフも、

ほんの少し前までは、ポケットに入るくらいのあかちゃんだったのかな?



shutaifu 11




shutaifu 11



きれいな青い花が咲いているのを見つけたウーフが、

前に、これに似たお花を、おかあさんの誕生日にプレゼントしたことがあるんだと教えてくれました。



shutaifu 12



さ、お花を摘んで、おうちに帰ろうか!



shutaifu 13



ウーフのお話をききながらおうちに帰ってくると、

なんだか無性にゆでたまごが食べたくなってきたのでウーフとふたり、

口いっぱいに頬張りました。


もちろん、あついミルクも忘れずに。



shutaifu 14



明日は何をしようかな?



shutaifu 15


   

写真:ポプラ社 こどもの本編集部

商品情報

  • 商品名
    くまの子ウーフ×シュタイフ テディベア
  • 本体サイズ
    全高約28cm
  • 収納箱サイズ
    横32cm×奥行き18.5cm×高さ13cm
  • 素材
    モヘア
  • メーカー
    シュタイフ
  • 製造国
    ドイツ
  • 発売年月日
    2021/08/31
  • 可動部
    手足、首
  • 付属品1
    収納ボックス
  • 付属品2
    シリアルナンバー入りの証明書
商品詳細はこちらから