平日昼12時までのご注文で当日発送

人気キーワード

読み物

ロボットのたまごをひろったら

頭脳明晰ながら人の気持ちがわからなくて友達を必要としていなかった巧は、ひとなつこいクラスメイトのポヨと、なかなか人と話すことができないテツから秘密を打ち明けられる。正体のわからない開かずの箱を拾ったというのだ。機械のような音がするその箱は、3人の見守る中突然カクカクとしたロボットになってしまう。なぞの箱はロボットのタマゴだったのだ。赤ちゃんロボットを機械として扱おうとする巧と、大切にそだてようとするポヨとテツは、意見が対立しながらもロボットを見守るうちに、だんだんと友情がめばえ、ロボットに対しても愛情が深まっていく。そんなとき、ロボットをねらう大人たちがあらわれて……。ロボットを守ろうとする大冒険物語の中で友情や親と子の愛情を描く感動作。

シリーズ
ノベルズ・エクスプレス
著者
作:奈雅月 ありす
絵:酒井 以
発売年月
2024/03
ISBN
978-4-591-18144-7
判型
B6判
サイズ
188mm ×135mm ×0mm
ページ
287ページ
主な対象年齢・学年
小5, 小6, 中学
ジャンル
読み物

販売開始:2024年03月17日00:00

1,760円(税込)

17ポイント獲得できます

数量

〇在庫あり

プレゼント包装 ラッピングバッグ
ギフトバナー

レビューを書く

最近チェックした商品