平日昼12時までのご注文で、当日発送

人気キーワード

読み物

この空のずっとずっと向こう

1871年(明治4)11月12日、横浜港からアメリカに向けて出港した使節団106人。その中に、日本初の5人の女子留学生がふくまれていました。永井繁子、津田梅子、山川捨松、上田悌子、そして、吉益亮子。のちの日本の女性教育、社会進出に大きな役割を果たした彼女たちは、いったいどんな少女だったのでしょう?

幕末から明治へ、激動の時代──。激動の時代でも人々は、自分たちらしく生き生きと暮らしていました。本書は、吉益亮子を主人公のモデルに、外国で学ぶ夢を実現させたひとりの少女の姿を描く物語です。

シリーズ
teens’ best selections
著者
作:鳴海 風
絵:おとない ちあき
発売年月日
2022/01/31
ISBN
978-4-591-17220-9
判型
四六変型判
サイズ
195mm ×127mm ×22mm
ページ
256ページ
主な対象年齢・学年
小6, 中学
ジャンル
読み物

レビューはまだありません

1,650円(税込)

16ポイント獲得できます

数量

〇在庫あり

プレゼント包装はこちら

この商品について問い合わせる

商品レビュー 100ポイントプレゼント中!

レビューはまだありません

レビューを書く

最近チェックした商品